二人だけの秘密

誰にも言えない想い  いつか終わるこの恋愛

久々の逢瀬

すっかり日が伸びて、明るい時間での待ち合わせ。

彼も早めに仕事を切り上げられたので、少し早めに落ち合うことが出来た。

久々なので、なんとなくお互い照れくさい。

毎日連絡取り合ってても…

呑み始めたら、お喋りが止まらない私…

ニコニコしながら、頷く彼。

食べるよりも、呑んで、喋る私。

一ヶ月ぶりだもん、早く触れたい。

メニューを指す指にもドキドキ、目が合うと、ニヤニヤ。

彼「花、だいぶ酔ってない?」

私「最近呑んでなかったからですかね。」

彼「そろそろ出る?」

私「そうですね(*^^*)」


まだ、少し早いけど早く彼に触れたかった。

いつものホテルが空いてたから、サクサク エレベーターへ。

顔を寄せて、ニコって、軽くチュッ❤

また、背伸びして、チュッ❤

お部屋に入って、靴を脱ぐ事なく、抱き合って、止まらない濃厚なキス。


ようやく落ちついて、やっと中へ。笑


離れたくなくて、ずーっと指を絡ませてました。お風呂も入らないでお互いを堪能❤


ヤキモチの話も聞いてくれて、全然心配するような事はないし、花が好きだよ😘

って事を聞くたびに話してくれて、そんなに俺の事好きなんだ〜と嬉しそうな彼。


次に逢うのは、いつにする?って話も出たけど また様子見ながら決めましょって事に。


久々の逢瀬で、十分に満たされました。

でも、持ちがわるいからすぐに、彼が欲しくなっちゃうんだよな(*´∀`)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。