二人だけの秘密

誰にも言えない想い  いつか終わるこの恋愛

二人だけの新年会(2018)

拗ねたりしながらも、結局金曜日に二人だけの新年会。(先週も会ってはいたけど。)


予定通り仕事も終わり、わたし的には出来れば篭りたい気分だった。

待ち合わせも何も決めてないから目的地に向かう電車の中で確認。


私『定時で上がれたので六時半過ぎには到着できそうです。今電車に乗りましたよ』


彼『了解。こちらも無事に会社でれたから、同じ時間につきそうだよ』


私『呑みますか?篭りますか❤?』


彼『軽く呑んで、篭りたい笑 花は?』


私『了解、◯◯に向かいますね』


で、向かったけど既に待ちが多数いたのでお店の前で彼と合流して、別のお店新規開拓へ…

駅前に行くと社内の人に会いそうだから…裏路地へ。笑


小さな呑み屋を見つけて軽く呑む。

今週の私の不穏な動きからなかなか彼も距離を縮められない感じ。笑

だいぶ酔も回ってきてから、連絡がなくて寂しかった事を伝えたら、彼からもなんか全然連絡ないなってきにしていた事、すごく冷たくなって、心配してたんだぞ。だから会って話がしたいと思ってたから、今日あえて良かったよって。言われました。

私『連絡無いと、不安になるしこの関係を終わらせたくなる。』

彼『そんなに軽いもんなの?俺の気持ちも考えてほしいよ。』

彼『あと今ある分呑んだら、篭もろう。そこで沢山話ししようよ』

彼『そういえばさ、    あっ、やっぱりいいや。』


なんて、前フリをされたら、もちろん何何?って気になりますよね?


で、私もしつこく聞いたら…


彼『怒らない?拗ねない?大丈夫?』

私『大丈夫。広い心で聞きますよ(^^)』

彼『経理の伊藤が言ってたんだけど、営業の女の子が、俺の事いいっていってたらしくて…で、伊藤は全否定しといたからーって言われたよ』

私『女の子って誰ですか(-_-;)』

彼『誰かわからない💦』

私『ふーん。』

私『…』

彼『ほら、だから、言いたくなかったんだよ。』

私『ふーーーーん』

彼『花だってさ、以前に総務の高橋とか原とかから誘われてるって言ってただろう、それと同じ話だよ』

私『ふーん。(ー_ー)』

彼『別にどうのこうのは、ないから。こうして二人で逢いたいのは花だけだよ』


なんて感じで、二次会へ…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。